個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2016-11-29 (Tue)
5話

この事件はあまりに衝撃的すぎて、逆に話題に上らなくなってしまった。
「これでいいんだよ」
と、本人が言うのなら……俺もこれ以上は口出しできない。
土曜の授業は午前で終了なのだが、なぜだか俺はやつと並んで下校していた。
ついて来いと言われたからなんだけどな……
どこへ連れて行く気なんだ。
「お前、眼鏡なしでも見えるのか?」
昨夜も、走るときも眼鏡を外していたのを思い出して、聞いてみた。
「伊達眼鏡だからな」
「伊達かよ……って。何だよ。じゃあかける必要ないじゃん。まさか、オシャレ?」
ちっとも視力なんて悪くないのに、オシャレで眼鏡をかけようとするやつもいる。
俺には全く理解できないが。
いや、待てよ。
こいつの場合、オシャレどころか暗い印象を与えてしまっている。
それが狙いなのか?
だとしたら。
「……目の色を隠そうとしているのか?」
「眼鏡をかけたところで大して変わりはしないがな」
やっぱりそうなのか。
「小中学校と、これが原因でいじめられていたし。そういう目立ち方もしたくなかったから、眼鏡をかけることにした」
いじめられていたことをあっさりと、表情一つ変えずに打ち明けるとは……
何を考えているのかわからない。
「この町も今の学校も……俺のことを知っている人間が誰もいないからいい」
遠くを見つめるようにして、やつは言った。
……何やら複雑な事情があるようだ。
「お前はこの町でずっと育ってきたのか?」
「あぁ……。高校も家から近い所を選んだ」
「そうか……えっと、何屋だっけ」
「井瀬屋だよ」
何屋って何だ。店やってるわけじゃねぇんだぞ。
「お前……周囲に関心なさすぎじゃねぇか?俺ですらお前のフルネーム知ってるのに……」
「え……」
やめろ。
気持ち悪ってあからさまに顔に出すな。
「クローバーが言ってたように、お前はヤンキーじゃないのか……?」
「ヤンキーがクラスメイトの名前知ってたら駄目なのか!? つか、ヤンキーじゃねぇし!」
問題児という自覚はあるけども!
「ちなみにクローバーってぇのは、猫の名前か?」
「そうだ」
「あの喋る猫?」
「そうだ」
「何で猫が喋ることに疑問を感じないんだ?」
当たり前のことを聞いただけなのに、何を言っているんだ?こいつは。という顔をされた。
「クローバーの存在を否定したら、俺の存在も否定されることになる」
「ごめん、ちょっと何言ってるのかわかんないや」
どんだけ重要な存在なんだ、あの猫。
「よくわかんねーからもういい。俺をわざわざ連れだしたってことは、お前の秘密を全部語ってくれんだろ」
「見られてしまったものは仕方がないからな」
それは開き直りってやつじゃあないか?
怪盗って、そんないい加減な感じでいいのか……
「……で、俺はどこへ連れて行かれるんだ?」
行き先を聞かずに結構な距離を歩いてきた。
そろそろ教えてもらってもいいだろう。
「ん? 言ってなかったか? 俺の家だ」
「俺の家……って、は? マジで言ってんのか? 俺らもうそんな関係なのか?」
冗談で言ったのに、ノーコメント、ノーリアクションだった。
なかなかに辛い。
「歩くには少し遠くないか? よくもまぁこの炎天下の中……」
「着いた」
「聞けよ……」
お互いのことをまだよくわかっていないというのに、早速扱いが雑になってきている気がする。
それはそうと、こいつの家がどんなものかと顔を上げると。
お世辞にも綺麗とは言えない、小さな古本屋がそこにあった。


← →
TOPページへ

参加してます。押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Theme : 自作小説 * Genre : 小説・文学 * Category : 黒猫は今日も偽物を喰らう
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。