個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2016-12-01 (Thu)
7話

正体を見てしまっただけで、共犯者になれというのか。
まさかの事態に、言葉を失った。
いつもより帰りが遅くなって。
ちょっと違う道を行って。
何もかもが偶然だってぇのに。
「怪盗って……俺に犯罪者になれと?」
いくら何でもひどすぎる仕打ちだ。
俺が非行に走っている不良高校生とはいえ。
犯罪かどうか区別できないほどバカじゃない。
「昨日見たこと聞いたことは誰にも話さない。それじゃあ駄目なんすか」
今の俺は殺人現場を目撃してしまったくらいのレベルで、窮地に立たされていた。
「それで済むなら、あなたはすでにこの世から消えているわ」
笑顔で、彼女は恐ろしいことを言い出した。
それは脅しじゃあねぇか!?
「姉さん……」
「ミツバ……」
「冗談よ」
一人と一匹に呆れた目で見られ、ミツバさんは手をひらひらとふった。
冗談に聞こえなかったぞ……
「残念だけど、嫌とは言わせないわよ。あなたにも怪盗になってもらう」
「強引すぎだろ……」
俺に拒否権はないのか……
「俺にも怪盗フェイクになれっていうのか……」
「もっと喜びなさいよ。今や時の人よ」
いやいや、犯罪者になって喜べるかよ。
「それにしてもそのだっさい名前、何とかしたいんだけどね……」
「え? 自分たちで付けた名前じゃないんすか?」
「違うわよ。勝手に世間がそう呼び出したのよ」
偽物ばかり盗むからフェイク。
そのまんまだが……
勝手に名付けられたものだったとは。
「最初の段階できちんと名乗っておけばいいものの……」
「正直どうでもいい」
「俺様の目的が果たされるのなら何でもいい」
こういうやつらなのよ。と、ミツバさんはため息をついた。
左様でございますか。
「それで……偽物ばっか盗む目的は?」
俺が一番気になっていたところだ。
「物に意味はない。本物だろうが偽物だろうが、俺様からすればどちらでもいい」
猫がそう言った。
「私は本物が欲しいんだけれどね」というミツバさんの言葉は、聞かなかったことにする。
「そいつが大切にしている物を盗むと宣言すると、どいつもこいつも偽物を用意しやがる。世間は偽物に騙された馬鹿な盗人、なんて思っているだろうが、そいつが偽物を用意してまで盗まれたくない物を、厳重な警備を簡単に破って盗むことに意味がある」
うん……?
俺は首をひねる。
何を言っているんだ? この猫は。
「偽物の宝石や絵画には、それを作らせた人間の様々な感情が入り混じっている。どちらかと言えば本物より偽物の方が、俺様的には美味い」
「いや、あの。全く言っている意味を理解できないんですけど」
「まぁ、聞け。」
待ったをかけると、あっさりと遮られた。
「凜王に盗みをさせているのは、俺様の腹を満たすためだ。さっき言った、盗んだ物から得られる人間の見にくい感情が俺様の食事だ」
「え? お前、悪魔か何かなの?」
怪盗の次は猫の姿をした悪魔か。
どこのファンタジーだよ。
「悪魔とは何だ! 失礼なやつだな」
「だって設定が」
「設定とか言うな」
おっと。うっかり口が滑ってしまったぞ。
「悪魔みたいなものよね。人の感情が餌だなんて。しかも、醜い感情だけ」
ミツバさんの言葉に、俺は激しく頷いた。
「凜王を巻き込んで悪いとは思っているけどね……これは、私とクローバーの契約であり、野望でもあるのよ」
「野望……?」
「そう、野望」
彼女はニヤリと笑った。
「野望って……なんすか?」
「ヒミツ」
こうやって、チョロい男は落ちるんだろうな。と、思ってしまうような言い方だった。
「如月……お前は知ってんのか?」
「興味ない」
こいつはそればっかだな。
犯罪者にさせられてるのに、興味なしかよ。
「じゃあ何でお前は怪盗なんてやっているんだよ」
「退屈だったから」
「はぁ?」
退屈?
俺は思わず顔をしかめてしまった。
たったそれだけの理由で?
犯罪者に?
「朝起きて学校へ行って、授業を受けて、家に帰る。毎日同じことの繰り返しで、いつからか退屈だと思うようになっていた。それだけだ」
わかるようなわからないような……
「おい、ミツバ。こいつ本当に大丈夫か? 全く理解できていないぞ」
「当たり前でしょう。理解できるわけないじゃない。喋る猫なんて」
「そっち!?」
「ものは試しよ、惣一君。あなたには素質があると思っているのよ、私。凜王の手助けをしてやってくれないかしら」
言葉を詰まらせていると、
「もちろん、ノーとは言わせないけどね」
彼女は小悪魔のような笑みを浮かべたのだった。


← →
TOPページへ

参加してます。押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Theme : 自作小説 * Genre : 小説・文学 * Category : 黒猫は今日も偽物を喰らう
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。