個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2016-12-06 (Tue)
8話

結局、今ひとつ理解できないまま、その日は古本屋を出た。
一つわかったことは。

犯罪の片棒を担がされたということ。

これはもう決定事項だ。
俺に拒否権はない。
あの女は、俺を怪盗フェイクにしようとしている。
巷で噂の。
あの怪盗に。

「悩んでいるようだな」
週明けの月曜日。
誰も来ない非常階段に腰を掛け、頭を抱えていると、後ろからそんな声が聞こえてきた。
振り向くと、眼鏡の冴えない男が立っていた。
眼鏡の奥見える金色の瞳は、相変わらず綺麗な輝きを放っていた。
「フツーに悩むだろ。受け入れろっつったって……情報量が多すぎて、キャパオーバーだ」
「そうか。俺は別に歓迎するぞ」
俺の気持ちを考えろよ!
俺は再び頭を抱えた。
「お前は退屈じゃないのか?」
突然の質問に、もう一度やつの顔を見た。
「毎日が退屈なんじゃないのか? だからヤンキーになった」
「ヤンキーになった覚えはない。確かに俺は……不良みたいなことしてるけどさ……」
しかし、ヤンキーと言われると、反発したくなる。
「姉さんもきっと、この世界に退屈している」
「それでお前に怪盗なんぞやらせている……っていうのか?」
「これは俺の意志だ」
やつはきっぱりと言い切った。
「毎日、息苦しくて仕方がなかった。いじめられているからとかじゃない。毎日起きることがくだらなさすぎて、息が詰まりそうだったんだ」
それは……
理解できないとは言えなかった。
俺にも思い当たる節があるからだ。
退屈。
そうか。
俺は毎日が退屈だと感じていたのか?
「注目されたいとか、そういうのではないんだ。人と違う何かをするということは、スリリングがあって結構病みつきになるぞ?」
ニヤリと、イタズラを思いついたガキのような笑みを浮かべる。
「姉さんが言うように、お前には素質があるのだろう。見たところ、運動神経も悪くなさそうだし。きっとやれるさ」
「なぁんか、あんまり嬉しくねぇなぁ……」
本当に、俺に断る権利はないらしい。
潔く諦めるしかないのか……
「指導、よろしく頼むぜ。凜王」
何だか照れ臭いが、俺はやつに向かって右手を差し出した。
「ああ。こちらこそ。惣一」
相手は何の躊躇いもなく、手を握り返してきた。


← →
TOPページへ

参加してます。押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Theme : 自作小説 * Genre : 小説・文学 * Category : 黒猫は今日も偽物を喰らう
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。