個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2016-12-08 (Thu)
9話

怪盗、か。
まぁ悪くない響きだ。

そんな呑気なことを思っていると、ギィ……と、古い鉄の扉が開く音がした。
やべっ。
先公か!?
いつでも逃げられる態勢をとっていたが、現れたその姿を見て安心した。
「あれ?井瀬屋……に如月?こんな所で何してるんだ?」
俺たちのクラスの学級委員長、狗山いぬやまだった。
俺とこいつは同じ中学出身なので、顔見知りである。
「珍しい組み合わせだな。もしかして、カツあげ?」
「アホか。そんなちっせぇこと俺がするかよ」
「だよな」
狗山はハハッと、軽く笑った。
委員長で優等生だが、こいつは意外と気さくな人間である。
「井瀬屋もさ、あんまり一人でこんな所にいるなよな。先生たちに煙草でも吸ってんじゃないかって疑われてるぞ」
「冗談……俺がそんなもの吸うかよ……」
不良と言われても、さすがに未成年がやってはいけないことはしない。
怪盗になろうとしているけども。
「最近お前らって仲いいの? 土曜日辺りから一緒にいるよな」
「別にぃ……」
怪盗やってますなんて言えるわけないので、言葉を濁す。
凜王は、話す気もないらしい。
少しは助けろよ。
「如月、こんなやつだけど井瀬屋も悪いやつじゃないからさ。仲良くしてやってよ」
「何だそれ……余計なお世話なんだけど……」
「だよな。俺も思った」
狗山はまた笑ったが……ん? こいつ……よく見たら……
「お前……目の下……隈、すげぇな?」
「え? マジで? あー……遅くまで塾行ってるせいかな」
そして、何だか疲れているようにも見えた。
なぜだかわからないが、不安を覚える俺。
「そろそろ受験のことも考えないといけないし、面倒だよな。……あ。もうすぐ予鈴鳴りそう。じゃ、俺先戻ってるな」
狗山はそう言って、また古い鉄の扉から出て行った。
塾……か。
「いくら受験の為といえども、疲れるなら行く意味あんのか? 睡眠不足じゃあ効率悪いだろ」
「いきなり何だ。さっきのやつのことを心配しているのか?」
「心配っていうか……あいつ、俺と同じ中学なんだよな」
すると、凜王は「ふーん」と、興味なさげな声をあげた。
「通りでヤンキーに親切なわけだ」
「だから……」
ヤンキー言うなって何度言えば……
このツッコミもそろそろ飽きてきたぞ。
「どこのクラスなんだ?」
「どこって……同じクラスなんですけど……」
マジで言ってんのか、こいつ。


← →10
TOPページへ

参加してます。押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Theme : 自作小説 * Genre : 小説・文学 * Category : 黒猫は今日も偽物を喰らう
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。