個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2016-12-14 (Wed)


女子が男子バドミントン部の部室に入るのは少し躊躇われたが、マネージャーさんも普通にいたので安心した。
そもそも、みんな練習に行っているしね。
「ありがとう、霧谷。俺はてっきり受けてくれないのかと思ったよ」
キャプテンの新島さんは安堵の息を漏らした。
そんなに気にしていたのか。
「折られたのはこの通り。二年の佐渡のラケットだ」
新島さんが、実物を見せてくれた。
「佐渡君は、うちのエースなの」
マネージャーの羽山さんが教えてくれた。
「エース……ね。もしバド部内に犯人がいるとするなら、エースの実力に嫉妬して、とかですかね」
「正直否定できない。表面上は皆仲良くしていても、実際どう思っているかまではわからないからな」
このキャプテンさん、やけに悲観的だな……
「羽山さんもそう思います?」
「私……は……」
彼女はなぜか黙ってしまう。
新島さんがいる手前、そんなふうには思いたくない、とは言えないのだろう。
それをわかっていて聞く先輩も意地悪だな。
「その佐渡ってやつは、人望はあるんですか?」
「まぁ……ある……よな?」
なぜかマネージャーに助けを求める。
しっかりしろ、キャプテン。
「ええ、もちろん。佐渡君、イケメンだし女子からも人気あるみたいよ。霧谷君もモテるんでしょ?」
「俺の話はどうでもいいんです。とにかく特別問題があるってわけでもないんですね」
素っ気ないな……
どうしてこんな人がモテるんだろう。
顔か。
顔だけ見てるんだね、きっと。
「やっぱり部室を見ただけでじゃあ、何もわからないんですけど」
「ええっ。どうすればいいんだよ!? 現場を再現してみるとかは?」
「何をどう再現するんですか。新島さん、アンタどこにどうラケットが置いてあってどんなふうに壊されていたのか覚えているんですか」
「……わからない……俺が見たときはもう、みんな混乱状態に陥っていて……」
「でしょ。だったら無理だ」
ここまできて、新島さんはガックリと肩を落とした。
「とりあえず、新島さんは一旦練習に戻った方がいいんじゃないですか? キャプテンが不在続きだと怪しまれるでしょ。あとは羽山さんに聞いておくので」
追い払うような形で、先輩は新島さんにそう言った。
そうとも気づかず、彼は素直に指示通り部室を出て行くのだった。
「……あの人、しっかりしているのかいないのか、よくわからないな」
「でしょ。ちょっと天然なの」
羽山さんも困ったように笑った。
ちょっとどころではないような気もする。
「さて。そんな天然キャプテンもいなくなったことだし。何も気にせず話せますよ、羽山さん」
「……何のこと?」
羽山さんの表情が、少し強張る。
「新島さんに気を遣って、言えないことがあるんじゃないですか」
「言えないこと……っていうか……」
これじゃあまるで、犯人を追い詰めているみたいだ。
まさか、羽山さん……
「新島は、部員の中に犯人がいるって言うけど……私はいないと思う」
なんだ、そんなことか。
と、私は安心してしまった。
羽山さんは部員の中から犯人探しをしたくなさそうって、言っていたもんね。
でも、待てよ。
ということは……
「羽山さんは、犯人が誰か知っているんですか?」
「まさか」
驚いた顔を彼女は見せた。
あれ?
違う?
「もしかして、私が犯人を庇っているとでも思った? 残念だけど、それはないわよ。ただ単に、みんなに黙ってコソコソと犯人を捜すのだ、嫌だってだけ」
そういうことか……
私は素直に羽山さんに謝罪する。
彼女は笑って許してくれた。
「誰も名乗り出てこないから、新島もあなたを頼ったのよ……」
「羽山さんも、あの人の言う通り、皆さんが内心どう思っているかわからないと思いますか」
先輩からの問いに、彼女はうつむいて考え込む。
「それは一理あるかもしれない。けど、私はいいチームだと思ってる」
いいチームか……
とてもいい響きだ。
羽山さんが、バド部の人達を信頼しているのが、よくわかる。
「それじゃああなたは部員ではなく、外部の人間が犯人だと思うんですね?」
「ええ。名乗り出てこないのは、みんなが犯人じゃないからだと思うの。私たちの中に、犯人はいないわ」
きっぱりと、彼女はそう言い放った。



← →
TOPページへ

参加してます!よろしければ押してやって下さい!!

にほんブログ村 小説ブログ 学園・青春小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Theme : 自作小説 * Genre : 小説・文学 * Category :
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。