個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2016-12-22 (Thu)
13話

翌日の昼休み。
俺は凜王を連れて教室を出た。
「どこへ行く気なんだ? 食堂か?」
「うるせぇ。飯食ってる場合かよ」
人の波に逆らい、科学室等がある棟へと進んでいく。
途中、廊下の曲がり角で、俺は足を止めた。
「……情報が欲しい」
そして、誰もいないように見える曲がり角の先に向って言った。
「……対価は?」
くぐもった声が聞こえてきた。
対価……そうか……対価……
「……購買の焼きそばパンでどうだ?」
「ハァ!? てめぇ、ふざけてんのか!?」
さっきまでのが嘘だったかのように、途端に甲高い声が廊下中に響き渡った。
「アタシの情報の価値、わかってんのか!?」
目の前に姿を見せたのは、やたらに化粧の濃い女子だった。
ギャルと表現すれば想像しやすいだろう。
間違いなく教師から注意を受けそうな格好をているにも関わらず、今のとこ生活指導室に連行された気配はない。
ちょっと髪を茶色に染めた程度の俺ですら、即連れて行かれたというのに……
「惣一……何なんだ、このギャル……」
さすがの凜王も引いているようだった。
無理もない。
どこからどう見てもギャルだからな。
化粧だけじゃなくて、キャラも濃いし。
でもな、凜王よ。
こいつも同じクラスだぞ。
「つーか、あんたら最近つるみだしたとか、どういう心境の変化? そこの情報無さすぎてアタシ超発狂しそうなんだけど。説明してよ」
凜王が何か言いたげな目で、俺を見てくる。
わかるよ、わかるけどよ。
蝶乃ちょうの……俺らのことより、教えてほしいんだけど……」
「だから、見返りを寄越せっつってんだよ」
「焼きそばパンじゃ駄目なのかよ」
「だから、なめてんのかって」
「惣一……」
そんな目で見るなよ!
俺だってわかってるって!
「大体、この女は何なんだ」
「わお。クラスメイトによくそんなことが言えるね。超ウケるんだけど。さっすが」
こいつにはクラスメイトとか、そういう認識ないからな……
「こいつは蝶乃っつって……実はこいつも同じ中学出身で腐れ縁っつーか」
「蝶乃舞美まみでーす。改めてよろしくぅー」
「中学んときはこんなギャルじゃなくて、むしろクラスに一人はいる地味女子だったんだけどよ……高校デビューが炸裂してこうなってしまった」
「オイ、てめぇ。裂くぞコラ」
グロいな!
「地味だろうがギャルだろうが、とにかくこいつの持っている情報は膨大で、国一つ支配できるんじゃないかって言われているほどだ」
「普通にありえねーけどな。ウケる」
今のどこにウケる要素があるんだよ。
「ふぅん……要はそいつから、情報を聞き出そうということか」
「そうだな。それが一番手っ取り早い」
「で、その対価がほしいと」
「当たり前じゃん。タダでやってられっかよ。アタシの情報は安くないよ」
焼きそばパンで十分じゃねぇかよ……
何がダメだっていうんだ。
人気商品だぞ。
「こいつを信用してもいいのか?」
凜王はまだ疑っているようだった。
「ああ、もちろんだ。こいつの持っている情報は確かだ」
「マジで? アタシ、信用されてない? 超ウケる。あんたのその不名誉な噂、全部嘘だと思ってやってんのにぃ」
「親がいないとかそういう話か? あながち間違っていないからどうでもいい」
どうでもよくないだろ……
本当、凜王こいつときたら……
「ここは惣一の言葉を信じるとするか……。対価があれば情報をくれるんだな。だったら、情報には情報でどうだ」
「へぇ。どんな情報があるわけ?」
「連絡先、教えろ」
凜王はスマホを取り出し、蝶乃と連絡先を交換し合った。
そして、何やら素早く文字を打ち込んだ。
当然、俺には何をしているのかわからない。
凜王から送られてきたものを見たと思われる蝶乃は、にやりと口を歪めた。
「焼きそばパンより超価値があるじゃん。オーケー、これで手を打とう」
一体何を教えたんだ……
というか凜王……スマホ持っていたのか……


12← →14
TOPページへ

参加してます。押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Theme : 自作小説 * Genre : 小説・文学 * Category : 黒猫は今日も偽物を喰らう
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。