個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2016-12-28 (Wed)
15

「んげ……熊ヶ谷くまがや……」
「コラ! 先生を呼び捨てにするな!」
生活指導担当の熊ヶ谷だ。
俺の姿を見つけては、ねちねちと説教してくる。
仕方ないといえば仕方がない。
俺が不真面目にしているからな。
「あれだけ何度も髪を黒に戻せと言っているのに……! まだ茶髪のままか! ピアスも外せ!」
「あーわかったわかった。うるせぇ」
「先生に向かってうるさいとは何だ!」
マジでうるせぇ。
思わず俺はため息をついてしまった。
「人が注意しているときにため息とは何事だ! 井瀬屋……! お前、いい加減にしろ! ちょっと来い!」
うわ、やべ。
また生活指導室に連れて行かれる。
めんどくせぇ……
「先生、待ってくれ。こいつは何もしてないだろう」
すると、意外なことに凜王が制裁に入った。
庇ってくれるのか!?
「髪を染めているから、先生は怒っているのか? 染めているやつなんて、いくらでもいるじゃないか。惣一よりもっと注意をなければならないやつは他にいるだろう。蝶乃とか」
おおおぉぉ!?
情報もらっておきながら、あっさり売ったぞ!
こいつ!
「き、如月……どうしたんだ? いつも大人しいお前が、井瀬屋を庇うなんて……はっ! まさか、脅されて……!?」
「んなわけあるか」
そう思われても仕方ないか……
「なぜ俺がこんなやつに脅さなければならない……。安心しろ。俺と惣一は……」
そこまで言って、なぜか俺の顔を見る。
「その……何だ。あれだ。パートナーだ」
「普通に友だちでいいだろ、そこは」
悩んだ末の答えがなぜそれなんだ。
怪しくなるからやめろ。
「如月……」
熊ヶ谷は、ガシッと凜王の肩を掴んだ。
「本当のことを言え! 本当は脅されているんじゃないのか!? 友だちって言えと言われているんだろう!?」
「は? ちがっ……」
凜王も面食らった様子だった。
しつこいやつだな……
何て教師だ。
「先生はお前のことを心配しているんだ、如月! お前は大人しいから、井瀬屋の言うことを聞くしかなかったんだろう? な、そうだろう?」
呆れたぜ。
それが教師の言うことか?
けど、もういいや。
凜王には悪いが。
どうせ、俺の言うことなんて誰も信じてくれない。
「……これだから大人は……」
熊ヶ谷が必死に説得をする中、ボソッと凜王がそう言ったのが聞こえた。
見ると、あの美しい輝きを放っていた瞳が、濁っているような色へと変化している気がした。
俺は何だか、ゾッとしてしまったのだった。
「おいおい……もうその辺にしとけよ、センセイ。あんまカッカしていると、ハゲるぜ」
「井瀬屋……お前はまたそうやって……」
「わめくなって。まだごちゃごちゃ言うなら、他の先公にチクんぞ」
脅しにならないとわかっていながらも、試しに言ってみた。
案の定、鼻で笑われたが。
「他の先生方に言ったところで、誰もお前の言うことなんて信じないだろうな」
「……教師がそんなこと言うか……」
もはや怒る気にもなれない。
どうしたものかと困っていると、助け船を出すかのように予鈴が鳴った。
「おっと。授業が始まるな。俺たちはもう行くぜ。遅刻したらまたどやされるからな」
授業を言い訳にすると、さすがに噛みついてこなかった。
俺は凜王の背中を押し、早々にその場から離れた。
「……納得がいかない」
凜王は何やらご立腹のようだった。
こいつにも怒りという感情があるのかと、少し安心する。
「まともにぶつかったところで、無駄な体力を消費するだけだ。いいんだよ、あれで」
「まるでお前が悪者扱いじゃないか」
「自業自得だよ……。さすがにあいつはおかしいとは思うけどよ。小熊が吠えてるだけだと思って、流せよ」
「小熊……」
凜王は吹き出した。
俺たちが特別身長が高いわけではないが。
男子高校生の平均以上はあるはずだ。
それに比べ、今年28歳らしい熊ヶ谷は、俺たちより身長が低い。
まさに、小熊だろ?
「なるほど……小熊、な」
「お後がよろしいようで」
そんなにウケるとは思わなかった。
ひとまず、あのどす黒い目の色から元に戻っていたので俺は安心した。


14← →16
TOPページへ

参加してます。押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Theme : 自作小説 * Genre : 小説・文学 * Category : 黒猫は今日も偽物を喰らう
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。