個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2016-12-29 (Thu)
16

俺のせいで、どうでもいい教師との絡みに無駄な時間を費やしてしまった。
本題はここからである。

「凜王、この後はどうするんだ?」
狗山の大体の情報は得た。
しかし、妖精の髪飾りとやらに関しては謎のままだ。
放課後はいつも通り凜王と学校を出た。
「まだまだ他にも情報は必要だ。クローバーにでも情報収集させるか……」
「猫だもんな。……って、よく考えたら、猫って便利だな!」
どこへでも潜り込めるじゃないか。
意外な発見をしてしまった。
「いつもはどうしてるんだ?」
「クローバーと姉さん任せ。何もするなと言われる」
「お前……何かやらかしたんじゃないのか……」
不満そうな顔をしているが、絶対そうに違いない。
「けど、何もせず待ってるのも嫌だよな……」
そもそも俺、素人だった。
「本当に俺で大丈夫なのか?」
急に不安になってきて、尋ねてみた。
「やってみないとわからないな」
……うん。こいつに聞いた俺がバカだった。
「どういうルートで盗むとかあるだろ?」
「建物の状態も全て調べた上で盗みに入る。そこの指示はクローバーから受ける」
「また猫任せかよ……」
何だ、こいつ。
実践以外はてんでダメなのか。
怪盗の名が泣くぜ、全く。
「でもさ、セキュリティとか万全にしているだろ。そういうのはどうやって突破するんだ?」
まさか猫がハッキングなんぞできるわけもない。
凜王は「うーん……」と唸ってから、
「いつもどうにかなっている」
とだけ言った。
大真面目な顔で。
答えになってねぇし。
「お前本当に大丈夫なのか!? そんなんでよく捕まらずにこれたな!?」
「お前は一体何をそんなに気にしているんだ?」
「気にするわ! 捕まるのはごめんだからな! 俺は!」
何度か補導はされているが、盗みで捕まれば完全にお終いだ。
うっかり引き受けてしまったが、それでもやはり捕まるのだけは嫌だ。
「頼むからちゃんと教えてくれよ!? 俺は一応普通の男子高校生なんだからな!?」
「……あ」
そんな怪盗様様が前を見て、声を上げた。
「聞いてるのか!?」
話をそらそうっていうのか。
その手には乗らねぇぞ。
「あれ」
「そんなんで気をそらそうたって、そうはいかねぇからな!」
「いや、見ろよ。あれ」
「あれって何だよ。やっぱり適当なこと言ってんじゃねぇかよ」
「狗山」
「え? マジか」
その名に、つい反応してしまった。
凜王の言う通り、狗山が俺たちより数メートル離れた先を歩いていた。
だが、その姿は。
「……何か……おかしくねぇか……?」
おかしいのは前からだが、疲れているのレベルを通り越しているような気がした。
足取りがかなりふらついている。
危ないな……
そう思いながら遠くから見ていたが、あいつが歩く先に信号があることに気がついた。
嫌な予感がする。
信号は……しばらくの点滅の後、赤に変わった。
「……おい、嘘だろ」
狗山の足は止まらない。
車用の信号はまだ赤だ。
今ならまだ間に合う。
「狗山ぁっ!!」
叫ぶが、俺の声は届いていないようだ。
こうしている間に、すぐ車は発進し出すだろう。
やばい、走って間に合うか!?
このままだと、あいつ。
俺が動き出すより早く、鞄を放り出して凜王が走り出した。
信号が青に変わり、車が一斉に走り出す。
狗山は歩くことをやめない。
信号に気づいていないかのように。
追いつかないとわかってはいるが、俺も狗山の名を呼び名ながら走り出した。

狗山の足が、白線を踏みかけたその瞬間。

凜王が襟をつかんで、思いっ切り後ろに引いた。
狗山の体はそのまま倒れ、大惨事は免れた。
安心した俺は、体から力が抜けていくのを感じた。


15← →17
TOPページへ

参加してます。押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Theme : 自作小説 * Genre : 小説・文学 * Category : 黒猫は今日も偽物を喰らう
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。