個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2016-12-31 (Sat)
18

俺たちは……というか、凜王がそれ以上は深入りしようとしなかったので、ある程度のところで切り上げた。
狗山の母親に不審がられてなきゃいいけど……
「妖精の髪飾りって、結局のところ何なんだろうな?」
それだけは狗山町長に一番近い人に聞いてもわからずじまいだ。
「狗山のお母さんもあれがどういう物であって、どこで手に入れたかもわからないっつーもんな。俺らはどうしたらいいんだ? というか、盗んだら狗山のお父さんは元の真人間に戻るのか?」
そこが一番気掛かりである。
「落ち着け。質問が多い」
そりゃ多くもなるだろ。
「妖精の髪飾りは前にも言った通り、ただのガラクタ。あれに価値などない。真人間に戻るのか、戻るだろうな。町長からあのガラクタを取り上げればな」
俺の疑問はあっという間に片付けられてしまった。
「……で、いつ盗むんだ?」
「ん。近々」
だからいつだよ。
「盗むとするなら、狗山の自宅からになるのか? なんか怪盗っつーより泥棒だよな……」
ちょっとどころかかなり複雑な気分である。
怪盗の方がまだ聞こえはいい。
「狗山の自宅……って豪邸か? どうせ普通の家だろ?」
「そうだろうけど……少なくとも、お前に言われたくないだろうよ」
あんな今にも潰れそうな本屋に住んでるやつにはな。
「行動できる範囲で広い所だったらいいんだけどな」
場所にこだわるなよ……
まさか怪盗の美学とか言うんじゃないだろうな?
都会でも田舎でもない、何とも微妙なこの町にそんな豪邸やら何やら存在するかよ。
聞いたこともねぇわ。
「その方が動きやすいしな」
あ、そっち?
そういう理由?
逃げやすいってこと?
なるほど。よくわかりました。
「でもさ、やっぱ自宅に置いてるだろ? 大事にしてるんなら。まさか仕事場に置いてるってことはないだろうし。つか、そういうのを聞けばよかったんじゃないか?」
些細かもしれないが、重要なことだった。
今更気づいても遅いが。
「……クローバーに相談するか」
結局猫任せか。

本当はまだ聞きたいことはあったが、その日は大人しく真っ直ぐ家に帰った。
続きはまた明日だ。
ここ数日、真面目に夕方には帰宅しているせいで、母親に驚かれる。
むしろ、心配されるほどだった。
……これからもっと悪いことをしようとしているせいか、遅くまでふらついたり、誰かとケンカするなんて気が失せてしまったのだ。
夕食の際に見ていたテレビ番組でも、例の髪飾りが特集されていた。
俺は思わず箸を止め、テレビの画面に集中した。
簡単にテレビから得た情報をまとめるとだな。
妖精の髪飾りというのは、その昔、とある日本人がヨーロッパより持ち帰った物だそうだ。
その日本人がどこの誰だかはさっぱりわからないが、ヨーロッパの何とかって貴族の持ち物だったそうだ。
……うん。俺の説明が悪かったな。
要は話は聞いていたが、全く頭に入ってこなかった、ということを察していただきたい。
だけど、胡散臭い話だなというのは、わかってもらえただろう。
さすがにテレビからは、どこで狗山町長が手に入れたのかという情報はわからなかったが。
「ああいうお宝を持っていたら、どこに置いておく?」
「は? そりゃあ家でしょ」
何となく母に聞いてみたら、やはりそのような答えが返ってきた。
ですよね〜……
『ここでお知らせです。来週から、この妖精の髪飾りを稲穂ヶ岡公民館にて、期間限定で一般公開することに決定致しました』
「え!?」
まさかのニュースに、俺は声を上げてしまった。
一般公開?
公民館で?
マジで?
「あんたどうしたの……? まさか、見に行きたいの……?」
母の心配そうな声をよそに、俺は慌ててスマホを取り出して、凜王にメッセージを送ったのだった。
これは、もしやチャンス!?


17← →19
TOPページへ

参加してます。押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Theme : 自作小説 * Genre : 小説・文学 * Category : 黒猫は今日も偽物を喰らう
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。