個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2017-01-05 (Thu)
20

まず結果を伝えておくと、猫の機嫌は直った。
高級猫缶で。
お前、猫缶食うのかよ。
と、ツッコミそうになったが、俺は堪えた。
また機嫌を損ねられても困からな。
そして、潜入調査の結果報告として、俺達が立ち入れなかった部分の構成を聞いた。
が、ほぼ頭に入ってこなかったのは内緒だ。
そんなことよりも、ついに予告状を出すということの方が大事だ。
決行日は展示会の最終日。
時刻は午前0時。
つまり、だ。
盗んでしまえば最後の展示会は行えないということになる。
一目拝みたい人には、非常に申し訳ないスケジュールだ。
ちなみに最終日は日曜なので、夜更ししても何ら問題ない。
高級猫缶をぶら下げて、古本屋を訪れた日に決まった日程である。
「さすがに緊張してくるな……。予告状って、どんなのを出すんだ?」
「これだ」
凜王は手袋をはめ、一枚のカードを見せた。
誕生日やクリスマスのときに渡すような、メッセージカードくらいの大きさの物だ。
シンプルに「怪盗FAKE」という文字が斜めに書かれ、その反対側にはいつ盗む等の予告メッセージが記載されていた。
これが怪盗フェイクの予告状……!
改めて、こいつは本物なんだということを再認識した。
「これを出せば……後戻りはできねぇんだな」
「そういうことだな。怖気づいたか?」
「うるせーな。こっちはテメェと違って初めてなんだぞ。緊張もするわ」
すると、猫がフンと鼻を鳴らした。
「ヤンキーが緊張か。笑わせてくれるな」
「置いてけぼり食らってすねてたくせに、偉そうにしやがって」
即座に言い返すと、猫はグッと、押し黙った。
ざまぁ。
「誰がその予告状を出すんだ?」
「俺様に任せろ」
ここでもまた猫の登場である。
「お前……大丈夫なのか?」
「大丈夫に決まっているだろう!? 素人は黙っていろ!」
む……ムカつく……
さっき俺にバカにされたからって……
「予告状を出せば、きっと持ち主は焦るだろう。そうなればまた作戦を練られる」
なぜか猫は楽しそうに言った。
「どういうことだ?」
「怪盗を名乗る者から予告状を受け取れば、間違いなく警察に相談するだろう。警察が動けば俺様がまた当日の動きを探ることができる。あいつらは当てになんねぇからなぁ。これまで散々フェイクにやられて焦っているから、ボロが出まくりなのさ」
猫は笑うが、俺は全く笑えない。
やはり俺は素人らしい。
「これで今回もフェイクの勝利だな!」
もうその気でいるのか……

その後は、特に侵入方法などを聞かされたわけでもなく。
いつの間にか予告状も狗山町長のところへ届けられており。
あちこちで怪盗フェイクのことが話題となっていた。
こういうときこそ素知らぬふりをして、堂々としていなければいけないのに、俺としたことが妙に縮こまってしまっていた。
まぁ……誰も次から次へと盗みを行っている泥棒もとい怪盗が。
こんな平凡な町に住む高校生だとは思いもしないだろう。
俺だってビックリだかんな。
だが、ここで怖気づいたって仕方ない。
後には退けねぇんだ。
それに、成功すれば……
狗山の悩みの種が消える……はず。
なぜあいつのためにそこまで。と、自分でも思うが、助けてやりたいと思ってしまったのは隠しようもない事実だ。
同級生、先公共がどれだけ俺を冷たい目で見ようとも。
あいつだけは変わらず接してくれた。
……動機はそれだけあれば十分だ。

よし!
心の準備はできた!
ショーの幕開けだ!


19← →21
TOPページへ

参加してます。押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Theme : 自作小説 * Genre : 小説・文学 * Category : 黒猫は今日も偽物を喰らう
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。