個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2017-01-12 (Thu)
22

おいおいおい!
誰もいないんじゃなかったのか!?
入ってきたのは、狗山……同級生の方の狗山だった。
最悪だ!
どうすんだよ!
俺は凜王を見たが、やつはまだピッキングをしていた。
ピッキングは一旦やめなさい!!
「もしかして……怪盗フェイク? 本当に髪飾りを盗みに来たのか?」
俺はどうすればいいのかわからず、狼狽える。
凜王!
何とかしてくれよ〜!
「……ちょっとそこ、どいてくれるかな」
噂の怪盗を目の前にしているというのに、狗山はひどく冷静だった。
凜王は黙って、ピッキングの手を止め言う通りに狗山に場を譲った。
「……安易なことにこれ、俺の生まれた年がパスワードなんだよね」
狗山が四桁の数字を入力すると、金庫の扉は簡単に開いた。
「……はい、これ」
そして、古びたそれを凜王に手渡した。
俺はポカンとする。
「な……何で……?」
思わず声を発してしまった。
「これがなくなれば、親父は元に戻るんだろ? わかっていたんだ。このよくわからない物が原因なんだって……。でも、俺じゃあどうすることもできなくて」
狗山もわかっていたのか……
「怪盗が狙ってくれないかなって思っていたら、本当に予告状が来たから驚いたよ。大丈夫。俺は体調不良で寝込んでるってことになっているから」
早く行けよ、と、狗山は言う。
何、こいつ。
知ってたけど超いいやつじゃねぇか!
「でも驚いたな。まさか井瀬屋まで怪盗だなんて」
…………ん?
今、何つった?
「え? あれ? 如月と井瀬屋だろ、お前ら」
ばっ……バレとるやないか~っ!
「ちょっ、おまっ……どうすんだよ!」
「どうするって」
「しらばっくれるんじゃねぇ!」
終わった。
早速バレるなんて。
この先どうすればいいのやら……
「ごめん。言わない方がよかったか?」
「そういう問題じゃねぇ……」
俺は頭を抱えた。
「安心して。正体を世間に晒したりなんてしない。約束する」
狗山の目は真剣だった。
こいつが嘘をつくとは思えないが……
「それより、早く行けって。誰かが帰ってきたら面倒だろう?」
俺たちはグイグイと背中を押され、ベランダまで追いやられる。
「助けてもらってばかりだからな。俺にも手伝わせてくれよ」
「そんなことっ……」
そんなことない。
むしろ俺のほうがいつも助けられてばかりで……
「行った行った! また学校で会おうぜ」
狗山は俺達に軽く手を振り、ベランダの扉を閉じたのだった。


21← →23
TOPページへ

参加してます。押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Theme : 自作小説 * Genre : 小説・文学 * Category : 黒猫は今日も偽物を喰らう
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。