個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2017-02-02 (Thu)


「ランド的な所へ行こう」
「俺の渾身のツッコミは?」
スルーか?
スルーする方向でいくのか?
ああ、いいさ。
スルーでも何でもするがいい。
「……で? ランドって?」
「ほら、あるだろう。魔法の国。ファンタスティック・マジカルランド」
「ランド的なも何もランドじゃねぇか」
海外、国内共に観光客が必ずと言っていいほど訪れる場所だ。
そんな人気の大型アトラクション施設に、俺たちは最寄り駅から電車ですぐに行ける距離に住んでいる。
なぜリアクションの薄い凜王が、そんなものに誘ってくるのか謎である。
「男だけであんなとこ行って何が楽しいんだよ……」
しかも、二人で。
夜なんてカップルの巣じゃねぇか。
勘弁してくれよ。
「知り合いも一緒に行きたいと言っているんだが、構わないか?」
「……誰?」
「隣の家の……」
「マキちゃんか!!」
何で知っているんだ。という顔をされた。
知ってるも何もさっきまで散々話題になって……つーか、それよりも!
「二人で行けよ!!」
そこに俺も入るって!?
何たる気まずさ!
「……俺とマキの二人で? 嫌なんだけど……」
嫌?
嫌って言ったか、今。
しかも何でそんな露骨に嫌そうな顔をしているんだ。
あんなとこ、家族かカップルで行くもんだろ!
「俺様も行きたい! 凜王!」
「ああ。そうだな」
空気読めよ。猫。
「ペットの持ち込みは禁止です」
「残念だな……クローバー……」
「ペットじゃねぇ!」
今は猫なんぞどうでもいい。
「来週の日曜でいいだろ?」
「……もう好きにしてください……」
俺は知らねぇからな……
痴話喧嘩にだけは巻き込まんでくれよ……
「そういやうっかり忘れるところだったけど、テスト勉強はいいのかよ」
期末テスト前にランドへ遊びに行くとは。
あまりにも不真面目すぎやしないか。
俺が言えたことではないが。
「テストか……忘れていた。ま、大丈夫だろう」
「大丈夫じゃねーわ」
お前とはちげぇんだよ。
「そのマキちゃんだって、期末テスト近いんじゃねぇの? そういやどこの学校? 同じか?」
「石槻」
「金持ち学校かよ……」
しかも偏差値高いし……
「テストに関しては特に問題ないらしい」
「さいですか」
頭のいい人はいいですね、全く。
「マキもたまにはいいだろう。ずっと引きこもっているし」
「ひき……え?」
何つった?
引きこもり!?
「ほとんど学校に行っていないんだ、あいつ。行く意味がないって」
……不良だのヤンキーだの言われている俺ですら毎日通っているというのに……
こいつの彼女……どうなってんの……
「その……成績の方は……?」
「成績に関しては問題ない。むしろ優秀すぎるほどだとか」
何それ、羨ましすぎるんだけど。
「マキちゃん何者……」
ボソッと俺がつぶやいたそのとき、下の階からミツバさんの悲鳴が聞こえてきた。
「……ちょっと見に行ってくる」
ため息をつきながら、凜王は俺と猫を置いて部屋を出て行った。
「実は俺様も実物には会ったことないんだ」
凜王がいなくなってから、猫がそう言った。
「マジでか」
「凜王とミツバだけさ。マキは引きこもってばかりで、なかなか姿を拝めない。外からも見えないしな」
そういや隣の家……どこもかしこもカーテンで閉ざされているな……
「そんなんで凜王とマキちゃんは上手くいっているのか……?」
「さぁ。長い付き合いだが、未だに凜王の思考は読めん。マキは間違いなく、凜王にゾッコンだろうが……」
なんだろうな……
羨ましいようで羨ましくないような……
「予告状はいつから作ってもらっているんだ?」
「そういやいつからだろうな……気がついたときには、マキが作っていた。正直凜王がどうやってマキと出会ったのか、俺様にもわからない。凜王とはほぼ毎日を共にしているというのに……俺様も不思議で仕方がないよ」
喋る不思議猫が不思議に思う、凜王とは一体……何なのか……


← →
TOPページへ

参加してます。押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Theme : 自作小説 * Genre : 小説・文学 * Category : 黒猫は今日も偽物を喰らう
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。