個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2017-02-09 (Thu)


言わずとも、ランドは激混みだった。
「ものすごい人の数だ……」
「そりゃ、日曜だからな」
一番クローバーがふらふらしている。
大丈夫かよ、こいつ。
本当は猫なんだし……
「けど俺様、ワクワクしてきたぞ! なぁ、あれに乗ろう!」
……いきなりジェットコースター……
俺は一応後ろの二人にも確認の意で見た。
「俺は何でも」
「凜王に従う」
……そうっすか。
「くっそー! ジェットコースターでも何でも乗ってやらぁ!」
「どうした、惣一。ヤケになって」
「うるせぇ! 行くぞ!」
「うにゃっ!?」
俺は猫の首根っこを掴んで、ズルズルと引きずっていった。

「うぅ……ジェットコースター……なんて恐ろしい…‥」
乗った後は、お決まりのパターンだった。
猫はベンチでうめいている。
「ふん。猫風情が人間様の乗り物で遊ぼうとするからだ。キャットタワーでも登ってろ」
……こいつ……すげぇ暴言吐いてくるな……
俺は白い目で眞姫を見るが、当の本人は風で乱れた凜王の髪を一生懸命整えていた。
「クローバー、何か飲み物でも買ってこようか」
一応飼い主として心配はしているのか、凜王が声をかける。
「お……おう……頼む……」
「俺もついていくわ。お前、迷いそうだからな」
眞姫に噛みつかれるのでは、と少し気にしながら言ったが何も言ってこなかった。
「ふむ。じゃあ眞姫はここで間抜けな猫のお守りをしているとしよう」
そう言って、眞姫は猫の隣にどかっと座った。
一緒に行くと言わなかったのは意外だが、自分のことを名前で呼んでいるという事実に俺は驚いている。
ただでさえこのキャラだというのに……痛いな……
凜王の趣味を疑うというか……
「おい、惣一。行くぞ」
ボーッとしていると、凜王に呼ばれたので、慌てて後を追いかけた。
「なぁ、凜王」
「何だ」
横に並んで、俺は尋ねた。
「あのさ……眞姫ちゃんって、いつもあんな感じなのか?」
「あんな感じとは」
凜王は首を傾げる。
「その……結構攻撃的というか、当たりがきついというか……」
「あぁ……。変わっているからな、あいつ」
うん、まぁそうだけど。
お前に変わっているとか言われたくないよね。
「気にするな。誰にでもあんな様子だ」
「お前にはそんなことないじゃん」
「最初は俺に対しても、冷たかったぞ。何とか心開いてくれたが」
「そうなのか」
それにしては、開きすぎじゃねぇのか。
「惣一ならきっと、打ち解けられると思う」
「うーん……」
別に友達の彼女と打ち解けたってな……
「あれか、売店」
凜王が、前方に売店を発見した。
「そういや何がいいのか聞いてこなかったな。クローバーは炭酸系は避けておくべきだよな?」
「俺に聞くなよ……。猫だし、水とかしておけば」
「そうだな」
凜王は冷蔵室から水のペットボトルを取り出した。
「眞姫は……お茶でいいか」
おい、いいのかよそれで。
絶対、あの和風なイメージに合わせただけだろ。
それでも彼氏か。
つーか、本当につきあってんのか?
俺と凜王もそれぞれ好きな飲み物を手に取り、購入。
そして、二人の元へと引き返すのであった。
「……なぁ……ずっと聞きたかったんだけどよ……」
その道中、俺は隣にいる友人に尋ねた。
「お前、本当は何が目的でここへ来たんだ?」
ずっと、引っかかっていた。
突然だったということもあるが、なぜ、ここなのか。
ただ遊びに来たかったわけじゃない。
絶対、何か意味があってこの場を選んだ──。
予想通り、無表情だった凜王が、ニヤリと笑ったのだった。


← →
TOPページへ

参加してます。押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Theme : 自作小説 * Genre : 小説・文学 * Category : 黒猫は今日も偽物を喰らう
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。